環境と社会に貢献する省エネと経費削減の経営コンサルティング

【レジリエンス強化・補助金】再生可能エネルギーと太陽光発電のメリットについて解説

補助金でレジリエンス強化を図る方法と太陽光発電導入のメリット

補助金でレジリエンス強化を図りたいという方はいらっしゃいますか?
レジリエンス強化の重要性が叫ばれていますが、企業ではどのようなレジリエンス対策が行えるのでしょうか?

こちらでは、再生可能エネルギー設備の導入など、企業ができるレジリエンス対策と太陽光発電導入のメリットについてご紹介いたします。

再生可能エネルギー設備などの導入前に確認!企業ができるレジリエンス対策

停電対策の方法

企業がレジリエンス対策を行うためには、BCPの策定が必要です。中でも特に重要なのが、地震や台風などの自然災害によって停電が発生した際の停電対策です。停電対策を行うには様々な方法があるので、ぜひ最適な方法を取り入れましょう。

UPS

UPSとは「Uninterruptible Power System」の頭文字をとったもので、無停電電源装置のことです。自然災害時の停電や、電圧変動などの予期せぬ電源トラブルが発生した際に、UPSのバッテリーに蓄電された電力を、一定時間に限り安定して供給し続けることで、コンピューターなどの電子機器やデータを保護します。ただし、UPSが電力を供給する時間は数分~数十分しかないため、コンピューターなどの電子機器を安全にシャットダウンすることを目的にしています。

非常用発電機

災害や事故などの予期せぬトラブルが発生し、建物への電力の供給が停止してしまった場合には、非常発電機を稼働させることによって、電力の供給を行うことができます。日本では、条件を満たす建物のみ、非常用発電機の設置義務がありますが、最近では「災害時に備えた社会的重要インフラへの自衛的な燃料備蓄の推進事業費補助金」を活用して、自主的に導入する企業が増えています。

電気自動車のバッテリー

停電対策として注目が高まっているのが、電気自動車のバッテリーです。自然災害などが起こった際には、電気自動車のバッテリーに貯めた電力を、非常用電源として活用することができます。実際に、2019年に千葉で台風によって長期間にわたり停電が発生した際には、自動車メーカーが電気自動車を被災地に派遣し、地下水をくみ上げるためのポンプや、夜間照明に電力の供給を行い、大いに役立ちました。

太陽光発電導入のメリットとは?

太陽光発電のメリット

代表的な再生可能エネルギーといえば、太陽光発電が挙げられます。太陽光発電を導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

電気料金を削減できる

企業が太陽光発電を導入する最大のメリットが、電気料金の削減ができることです。再生可能エネルギーで発電した電気は、高単価で買い取ってもらえるため、太陽光発電を導入することで、長期的・安定的に電気料金を削減することが可能となります。

環境への取り組みが評価される

地球温暖化防止対策には世界的に取り組んでいるため、日本でもCO2削減や脱炭素社会、省エネや創エネの動きが高まっています。そこで、再生可能エネルギーである太陽光発電を導入することで、環境へ取り組んでいる企業としてイメージを向上させることができます。さらに、再生可能エネルギーの導入によって削減した温室効果ガスの排出量は、「J-クレジット制度」を使って売却することもできるため、企業の収益を増やすことも可能となります。

補助金や税制優遇が受けられる

特定の要件を満たしたうえで太陽光発電を導入することで、様々な補助金や税制優遇を受けられます。多くの企業が活用している税制優遇では、要件を満たした企業が一定の設備を導入すると、即時償却または10%の税額控除が受けられる「中小企業経営強化税制」があります。また、補助金には国が交付する「地域脱炭素実現に向けた再エネの最大限導入のための計画づくり支援事業」や、「PPA活用等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業」の他、地方自治体が交付する補助金もあるので、ぜひ確認しましょう。

BCP対策が行える

気候変動によって日本でも自然災害が頻繁に起こるようになったため、災害などで緊急事態が起こった際に事業を継続するための対策である、BCP対策が重要視されるようになりました。中でも、電源の確保は重要な課題となっており、太陽光発電から電力を得ることで事業活動の停止を防ごうと、多くの企業がBCP対策として太陽光発電を導入しています。

補助金を使ってレジリエンス強化を行うならエコ・ブレーンズへ

補助金を使ってレジリエンス強化を行うなら、補助金申請のサポートをエコ・ブレーンズにお任せください。企業に最適な補助金の選定から、申請や補助金受取後の成果報告まで、すべての手続きをフルサポートしています。BCP対策などで、再生可能エネルギーの太陽光発電の導入をお考えなら、ぜひエコ・ブレーンズにご相談ください。

ZEBについてはこちら

エコ・ブレーンズのZEBに関するお役立ちコラム

レジリエンス強化で補助金の申請をお考えならエコ・ブレーンズ

会社名 株式会社エコ・ブレーンズ
代表取締役 尾関 俊寿
所在地 〒424-0815 静岡県静岡市清水区江尻東1-1-5 カーニープレイス清水 5F
電話番号 054-397-0320
FAX番号 054-376-4009
設立 2008年11月 個人事業(RS経営コンサルティング)として創業。
2012年8月 株式会社エコ・ブレーンズ設立
資本金 3,000万円
事業内容 ① 電気・通信コスト削減コンサルティング業務
② 省エネ補助金の申請支援
③ LEDランプ、直管LEDの販売
④ 電子ブレーカーの販売、施工業務
⑤ 省エネ関連業務、企画・提案業務
⑥ 各種情報提供サービス
URL https://www.eco-brains.com/